• ホーム
  • 脂漏性皮膚炎にも効く抗真菌薬ニゾラールとは

脂漏性皮膚炎にも効く抗真菌薬ニゾラールとは

足裏にクリームを塗っている脚

病院での水虫治療で処方されることが多いのがテルビナフィン配合のラミシールです。そしてケトコナゾール配合のニゾラールも一般的です。ラミシールがアリルアミン系の抗真菌薬ならニゾラールはイミダゾール系です。イミダゾール系も強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とするので、水虫や皮膚カンジダなどの治療に最適なのです。ニゾラールの場合、ラミシールと違って脂漏性皮膚炎にも効く唯一の抗真菌薬であるという特徴も持っています。脂漏性皮膚炎は、原因がまだ明確化していないもののマラセチアという真菌が関与していることは分かっています。マラセチアは10種類以上あり、脂漏性皮膚炎に関係するのがマラセチア・フルフルという真菌です。そしてこのマラセチア・フルフルの細胞膜を破壊し、活動を阻害し死滅に追い込む唯一の抗真菌薬となるのです。

ちなみに、ラミシールはスクアレンのエポキシ化の段階で細胞膜の成分・エルゴステロールの生成を阻害し、ニゾラールはCYPによるラノステロールのメチル化を阻害することで精製阻害する効果を持ちます。阻害過程は微妙に違いますが、水虫治療の大きな味方となってくれます。

効果的な使い方、服用方法はラミシールと同じく、患部よりも広めの範囲に塗るようにしましょう。患部の状態に合わせてクリームかローションと剤形は違ってきます。そこはきれいな皮膚が保たれていて大丈夫に見えても、実際にはすでに白癬菌が潜伏している可能性は高いです。もちろん、患部自体がきれいになったからといっても油断は禁物、完全に菌が死滅するまでは塗り続けるようにします。

イミダゾール系は副作用が少なく、だからこそ病院でも処方されることの多い薬となっているのです。服用方法を守っていればそれほど重篤な事態は起こらないはずです。ですが、万が一皮膚の刺激感や熱感、発疹や蕁麻疹といった症状が出てきた場合にはすぐに使用をやめて、医師や薬剤師の指示を仰ぐようにしなければなりません。

ニゾラールも個人輸入代行業者を通じて手に入れることはできるものの、偽薬も多く出回っているので副作用が起こるリスクが高まってしまうのです。もしもなにか起こったとしても、それは自己責任です。安さよりも信頼性の高さを基準に、正しい製品を選ぶようにしてください。脂漏性皮膚炎にも、そして水虫にももちろん効果的なニゾラール、きちんと使って少しずつ菌を死滅させて完治へと導いて行くようにしましょう。

関連記事
ラミシールクリームはどこで買える? 2019年08月10日

ラミシールクリームを使って水虫の治療をと考えた場合、確実なのは皮膚科を受診することです。本当にその症状が水虫かどうかも特定してもらえ、ラミシールクリームを始めとする治療薬で適切なものが処方されることでしょう。でも数カ月かかる治療期間はお金もかかりますし、薬が無くなるたびに病院に行くのは、残業に休日出...

早期発見が鍵!水虫の症状をチェック 2019年09月11日

水虫の原因となる白癬菌は、早期発見早期治療こそが重要となります。恥ずかしいからと放置してしまいがちですが、そうすると白癬菌はどんどん勢力を伸ばし進行していく一方なのです。体には免疫力がありますが、すでに進行してしまった真菌の症状を止めるだけの力はありません。新陳代謝で古くなった角質と共に捨てるように...

あなたは大丈夫?水虫になりやすい人の特徴 2019年10月14日

高温多湿の日本の気候風土、夏場になるとどうしても水虫患者の数は倍増します。でも100パーセント皆がなるというわけではありません。水虫患者になりやすい方には、ある共通点があるようです。まず多いのが、家族が感染しているという共通点です。何しろすでに家の中に白癬菌があり付着するタイミングも多いため、逃れる...

どうして水虫になるの?原因とメカニズム 2019年09月26日

菌がうつるというと、肺炎球菌による肺炎や、O157の大腸菌や溶連菌感染症、結核菌などが思い浮かぶのではないでしょうか。これらは細菌の仲間で、O157のように食べものから体内に入る経口感染、接触感染や、結核菌のように空気感染、飛沫感染するものもあります。中には感染力の強い菌もおり、感染や流行に敏感にな...

ラミシールクリームの効果的な使用方法 2019年07月29日

水虫の白癬菌に対して効果を発揮するはずのラミシールクリームですが、症状に中々変化が見られない場合は、使い方が間違っているのかもしれません。病院で処方されたラミシールクリームは、1日1回患部に塗布すればよい薬です。入浴後に行うのが最適で、入浴後であれば患部が清潔な状態になっており余計な菌は存在しません...