• ホーム
  • ラミシールクリームの効果的な使用方法

ラミシールクリームの効果的な使用方法

きれいな脚

水虫の白癬菌に対して効果を発揮するはずのラミシールクリームですが、症状に中々変化が見られない場合は、使い方が間違っているのかもしれません。

病院で処方されたラミシールクリームは、1日1回患部に塗布すればよい薬です。入浴後に行うのが最適で、入浴後であれば患部が清潔な状態になっており余計な菌は存在しません。ただ清潔にしておくだけでなく、しっかり乾燥させた状態で塗るようにしましょう。乾燥が不十分だとべたついて、使いにくくなります。

水虫の症状はかゆみや赤み、ジュクジュクした見た目ですぐに分かります。実は、皮膚に変化が見られない患部周りの部分にもすでに白癬菌が広がっていっているかもしれないのです。周辺を含めて多めに塗布するのが正しい使い方です。少量塗布するだけだと、塗っていないきれいに見える皮膚部分にある白癬菌が活発化し、更に症状が外側へと広がっていってしまいます。もったいないと患部だけに塗る使い方をしているといつまでたっても治らず、治療に時間がかかってしまうため、多めに塗布する方が長い目で見ると時間も費用もお得になりそうです。

症状が治まり、患部の見た目がきれいになっても、菌がいなくなったのかどうかの判断はできません。まだ潜んでいる場合もあります。水虫はどうなれば完治したと見なされ、ラミシールクリームの使用をいつやめればよいのでしょうか。

患部がきれいになると、自己判断で大丈夫と薬をストップしてしまう方が多くいます。でもまだ白癬菌は存在していることが多く、薬の成分がなくなったとたんにまた力を盛り返します。そうなるとあっという間に再発してしまい、もう一度一から治療を始めなければならなくなるのです。できればきれいになった後も薬を1カ月程度は続けるべきです。またもっと確実に完治したか知るためにも、病院に行って調べてもらうことです。最初に水虫かどうかを調べるために、患部の角質を採取されて顕微鏡で観察をされたのではないでしょうか。それと同じく角質の採取と観察を行い、白癬菌の存在が無くなっていることを確かめてもらうようにしてください。後は再度感染しないよう予防に努めていれば、もうあのかゆみや面倒な治療から開放されて、二度と苦しめられることはなくなるのです。

すでに家族にもうつっている場合にはピンポン感染する確率が高いので、かなり要注意です。まず大切なことはラミシールクリームを1本は確実に使い切ることです。途中で薬の使用をやめてもよいような短期間の治療はほぼありません。ほとんどは数本使っていきながら徐々に菌を退治することになります。

関連記事
ラミシールクリームはどこで買える? 2019年08月10日

ラミシールクリームを使って水虫の治療をと考えた場合、確実なのは皮膚科を受診することです。本当にその症状が水虫かどうかも特定してもらえ、ラミシールクリームを始めとする治療薬で適切なものが処方されることでしょう。でも数カ月かかる治療期間はお金もかかりますし、薬が無くなるたびに病院に行くのは、残業に休日出...

早期発見が鍵!水虫の症状をチェック 2019年09月11日

水虫の原因となる白癬菌は、早期発見早期治療こそが重要となります。恥ずかしいからと放置してしまいがちですが、そうすると白癬菌はどんどん勢力を伸ばし進行していく一方なのです。体には免疫力がありますが、すでに進行してしまった真菌の症状を止めるだけの力はありません。新陳代謝で古くなった角質と共に捨てるように...

あなたは大丈夫?水虫になりやすい人の特徴 2019年10月14日

高温多湿の日本の気候風土、夏場になるとどうしても水虫患者の数は倍増します。でも100パーセント皆がなるというわけではありません。水虫患者になりやすい方には、ある共通点があるようです。まず多いのが、家族が感染しているという共通点です。何しろすでに家の中に白癬菌があり付着するタイミングも多いため、逃れる...

どうして水虫になるの?原因とメカニズム 2019年09月26日

菌がうつるというと、肺炎球菌による肺炎や、O157の大腸菌や溶連菌感染症、結核菌などが思い浮かぶのではないでしょうか。これらは細菌の仲間で、O157のように食べものから体内に入る経口感染、接触感染や、結核菌のように空気感染、飛沫感染するものもあります。中には感染力の強い菌もおり、感染や流行に敏感にな...

脂漏性皮膚炎にも効く抗真菌薬ニゾラールとは 2019年08月25日

病院での水虫治療で処方されることが多いのがテルビナフィン配合のラミシールです。そしてケトコナゾール配合のニゾラールも一般的です。ラミシールがアリルアミン系の抗真菌薬ならニゾラールはイミダゾール系です。イミダゾール系も強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とするので、水虫や皮膚カンジダなどの治療...