• ホーム
  • あなたは大丈夫?水虫になりやすい人の特徴

あなたは大丈夫?水虫になりやすい人の特徴

高温多湿の日本の気候風土、夏場になるとどうしても水虫患者の数は倍増します。でも100パーセント皆がなるというわけではありません。水虫患者になりやすい方には、ある共通点があるようです。

まず多いのが、家族が感染しているという共通点です。何しろすでに家の中に白癬菌があり付着するタイミングも多いため、逃れるのはかなりの努力が必要です。高温多湿を好む菌なのでバスマットなどの水回り製品は危険であり、バスマットは使わず自身のタオルで拭いてから出るようにした方がよいかも知れません。

水回りだけでなくカーペットなどにも角質が落ちていることもあります。カーペットはバスマットと違って乾燥しているのですが、その程度で死滅してしまうような弱い菌ではないのです。感染した家族にはスリッパを履くことを徹底してもらった方がよいかもしれません。靴下に更にスリッパもプラスすれば角質が落ちにくくなります。もちろんそのスリッパを共有しているようでは意味が無いので、それぞれ個人用を持つことです。何でも共有する仲良し家族ほど感染を広げてしまいがちです。数カ月の我慢ですからその間は徹底して素足が触れるようなものは別々で使うようにしましょう。

高温多湿環境は靴の中にも作られます。暑い夏でも関係なく革靴やパンプスで営業に走り回っている方の中にも水虫患者は多いです。脇や額だけでなく足の裏にも汗腺は存在しており、1日にコップ1杯程度の汗はかいているのですが、これらの靴は通気性が悪く、こもりがちで蒸れてしまうのです。せめてオフィス内ではサンダルにするなど通気性のよいものに変えた方がよさそうです。仕事靴は2足以上用意しておき、交互に履くことでしっかりと乾かす時間も設けましょう。

たとえ白癬菌が発生しても24時間内に洗い流せば無かったことになりますから、帰ってきてからきちんと指の間まで水で洗い流すことです。仕事で疲れていて面倒だからとそのままに寝てしまい、翌日にはまた同じ靴を履いていくといった生活をしていると感染者になってしまいます。今度は毎日薬を塗るといった手間まで増えるので、更に忙しくなってしまうことでしょう。汗を洗い流すのは気分がリフレッシュされてストレス解消にもよいのです。それに靴を丁寧に扱っているとそれだけ長持ちしますし、足のケアも水虫を初期段階で見つけるのに役立ちます。丁寧な暮らしができていない方というのは、水虫になりやすいかもしれません。

関連記事
再発する水虫のメカニズムと予防方法を教えます 2019年11月08日

隠れ水虫の方を含め、水虫患者の数は多いです。確かに高温多湿の日本ですから菌も繁殖しがちです。新たに感染者する方が多くいる一方で、再発により水虫に苦しめられている方も多いのです。まず予防するにはとにかく高温多湿環境を作り出さないこと、そういう場所では素足で物の共有はなるべく避けること、そしてもしも菌が...

ラミシールクリームはどこで買える? 2019年08月10日

ラミシールクリームを使って水虫の治療をと考えた場合、確実なのは皮膚科を受診することです。本当にその症状が水虫かどうかも特定してもらえ、ラミシールクリームを始めとする治療薬で適切なものが処方されることでしょう。でも数カ月かかる治療期間はお金もかかりますし、薬が無くなるたびに病院に行くのは、残業に休日出...

早期発見が鍵!水虫の症状をチェック 2019年09月11日

水虫の原因となる白癬菌は、早期発見早期治療こそが重要となります。恥ずかしいからと放置してしまいがちですが、そうすると白癬菌はどんどん勢力を伸ばし進行していく一方なのです。体には免疫力がありますが、すでに進行してしまった真菌の症状を止めるだけの力はありません。新陳代謝で古くなった角質と共に捨てるように...

どうして水虫になるの?原因とメカニズム 2019年09月26日

菌がうつるというと、肺炎球菌による肺炎や、O157の大腸菌や溶連菌感染症、結核菌などが思い浮かぶのではないでしょうか。これらは細菌の仲間で、O157のように食べものから体内に入る経口感染、接触感染や、結核菌のように空気感染、飛沫感染するものもあります。中には感染力の強い菌もおり、感染や流行に敏感にな...

脂漏性皮膚炎にも効く抗真菌薬ニゾラールとは 2019年08月25日

病院での水虫治療で処方されることが多いのがテルビナフィン配合のラミシールです。そしてケトコナゾール配合のニゾラールも一般的です。ラミシールがアリルアミン系の抗真菌薬ならニゾラールはイミダゾール系です。イミダゾール系も強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とするので、水虫や皮膚カンジダなどの治療...