女性の脚

実は密かに感染している方が多い病気が水虫です。白癬菌という真菌の一種が寄生することで起こる皮膚の感染症です。恥ずかしいからと放置してはいませんか。自然治癒することはないので病院で薬を処方してもらうしかありません。そこでおすすめの薬がラミシールクリームです。

ここでは、ラミシールクリームが水虫に対してどのような効果をもたらしてくれるのか、他にどういった病気に作用する薬なのかを詳しく見ていきましょう。

短期間で水虫が治る?ラミシールクリームとは

ラミシールクリームの有効成分はテルビナフィンといいます。これを塗れば真菌細胞内のスクアレンの代謝酵素が選択的に阻害され、真菌内にスクアレンが蓄積していきます。更には細胞膜の構成成分となるエルゴステロールの含量を低下させる作用も持ち、真菌細胞膜が破壊されるという仕組みです。白癬菌に対する抗菌作用が強いので、処方されることが多いはずです。

クリーム以外にも液剤、スプレーと3種類の製剤が販売されており、症状や部位に合わせて処方してもらえるでしょう。いずれもテルビナフィンが配合されているので白癬菌に対する効果は同じように得られます。ただクリームタイプが特に使い勝手がよく、処方されることが多いようです。

他にもさまざまな水虫のための治療薬はあるものの、ラミシールは特に優れた浸透性を特徴としているので、皮膚が厚く角質化しているようなところにもテルビナフィンの成分が入っていってくれるでしょう。とはいえ浸透力が強いがゆえに、皮膚に刺激となってしまう場合もあります。かゆみやかぶれ、紅斑といった接触皮膚炎や、ヒリヒリとした刺激や熱感があれば副作用が出ているので、早めに医師や薬剤師に相談することです。塗り薬ですから副作用が起こることはまれです。塗布時に軽い刺激を感じる程度であれば問題ありません。

特に液剤は浸透力が強いため刺激痛が生じやすいのですが、厚くなった皮膚部分にはおすすめです。しかし患部のただれがひどくなっていたり傷ついていたりする部分は慎重に用いた方がよさそうです。毎回痛みが激しくて苦痛を感じるという場合は、たとえ液剤やスプレータイプを処方されていたとしても医師に相談の上でクリームタイプに変えた方がよいかもしれません。

比較的短期間で効果が得られるラミシールですが、風邪薬などのように数回の使用で終わりとはいかず、数カ月は考えておくことです。白癬菌は皮膚の角質部分にて活発化しているので、皮膚が生まれ変わって新しくなるまでは菌がまだ残っているのです。薬を塗り続けることでかゆみなどの症状は治まってきますが、菌が潜伏している可能性はあり、しばらくは塗り続けるようにしましょう。

できればもう一度病院に行き、角質を顕微鏡で調べてもらって白癬菌がいなくなったことを確認してもらった上で使用をやめるようにしてください。もしも途中に自己判断で治療をストップした場合、残った真菌が再度活動を始めてしまいます。そうなるとまたラミシールを使った治療が必要となり、短期間で治癒とはいかなくなります。

ラミシールを使用する際、1日1回患部に塗布や噴霧するだけで十分です。何度も使用したからといって、より短期間で治るわけではなく、むしろ肌への負担が大きく副作用が出てきやすくなるので注意しましょう。

用法用量を守って正しく使用を続けていくことで、短期間で治すことに繋がるのです。患部より広めに、角質層に十分に浸透させるように、よく塗りこむようにしましょう。根気よく続けていれば菌が完全に死滅し、いつかは完治します。かゆみは出ない場合もありますが、周囲の方に感染を広げてしまっても困りますし、何より見た目も悪く足裏がコンプレックスとなってしまいます。白癬菌が広がる前に早期発見早期治療を心がけましょう。早めに対応すればラミシールクリームの力で早く治るのです。悪化すると、塗り薬だけでは症状が治らない爪水虫になる危険性もあります。

ラミシールクリームが効くのは水虫だけではない!

ラミシールクリームは水虫の白癬菌を含め、真菌を殺菌するための塗り薬です。特に白癬菌に対する抗菌作用が強いのですが、その他にも幅広く効くことがアリルアミン系の特徴ですから、その他の病気で病院を診断した際にも処方されるかもしれません。決して水虫だけの薬ではなく、カンジダ菌や癜風菌治療で使われます。

カンジダ菌は皮膚カンジダ症や膣カンジダを引き起こすことで有名な真菌です。何しろ、健康な体の方でも皮膚や口の中・膣などに存在する常在菌ですから、病気になったりストレスを感じたりホルモンバランスが変化したり、それによって起こる免疫力の低下であっという間に増殖して発症します。皮膚カンジダ症などは再発を繰り返す病気ということで、ラミシールクリームを常備薬としている方も少なくはないでしょう。膣カンジダなど女性の5人に1人は経験していると言われていますし、生理前になるとホルモンバランスが崩れるため毎月のように薬が手放せないという方にも、身近なお薬として強い味方になっています。

癜風の癜風菌は、白癬菌と同じく高温多湿の状況で菌が増殖するため夏場には特にラミシールクリームが手放せません。20代から40代の男性、すなわち青年・壮年層に多く発症する病気ですが小児で発症することもあります。背中や胸・脇や腕にうろこ状のクズを伴う斑が出現するのです、小児だと顔に出てきがちです。こちらも皮膚の常在菌であるがゆえに再発率が極めて高く、ずっとラミシールのお世話になることになりそうです。薬を使用することで2週間もあれば菌が陰性化するものの、治った後にも色素沈着・色素脱失といった色素異常は長期に渡って残り、それに対する有効な治療法というのはないので、やっかいな病気と言えるでしょう。ただし、軽度のかゆみがある程度で自覚症状はほとんどありません。高温多湿環境で汗が多くなる夏場だけでなく、肥満などが誘因となることもあります。ステロイド薬を内服している方や内分泌疾患のある患者さんの合併症となることも、とりあえず汗かきの元気な男性は要注意、特に頭部や顔面に生じる場合には脂濡性皮膚炎との関連が注目されています。

どちらの病気も、症状や感染部位によってクリーム以外にもローションなどが処方されることもあるものの、いずれもテルビナフィンが効果を発揮してくれます。それぞれに用法用量が違ってくるので正しく使用することをおすすめします。カンジダや癜風などの菌の細胞膜も破壊する力を持っているので、きちんと治療すれば完全に治すことが出来ます。

完治するまでにはある程度の時間がかかり、しかも再発する可能性も高い病気の治療薬だからこそ出来る限り安く手に入れたいと思われることでしょう。わざわざ毎回病院に行って処方してもらうのは面倒だし、診察費用や交通費・時間の無駄を無くしたいと考える方も、それなら個人輸入での購入でジェネリック医薬品もありますから検討してみた方がよいかもしれません。それでしたら、わざわざ病院に行かずとも24時間365日自宅でいながらにして注文できて届けてもらえますし、金銭的にもかなりの節約になるのです。ただし実際には水虫や癜風ではなかったという可能性もありますし、まずは病院で病名を特定してもらいそれから使い始めましょう。特に夏場は汗もかきやすく菌が繁殖しやすい環境が整えられていることから、さまざまな皮膚病になりやすいのです。